産業用ウェアラブル・コンピューターを開発・販売する米RealWearは7月13日、同社の日本法人RealWear Japanの代表執行役社長に伊藤信氏が就任したと発表した。
 

伊藤信社長

 RealWearは今回、日本市場が重要な成長地域として注目されている中で日本法人を設立。今年2月、20年の売上高が前年比3倍になり、この勢いは21年にも引き継がれるとした。16年に設立されたRealWearは現在、グローバルで120人以上の従業員をもち、そのうち10%がアジアに拠点を置き、急速に拡大するアジア地域の顧客基盤に対応している。

 日本法人代表に就任した伊藤氏は、IT業界で20年以上の経験をもち、シスコ、サイファートラスト、リバーベッドテクノロジーなどの大手ハイテク企業に在籍。前職のヴイエムウェアでは、技術・営業チームを率い、部門統括責任者としてSD-WANビジネスに大きく寄与した。

 伊藤氏は、「アシスト・リアリティ・ウェアラブル市場は他の多くの企業のみならず、RealWearにとって非常に大きなチャンスであり、ゲームチェンジャーとなる可能性を秘めている。RealWearは、従来のスマートグラスベンダーよりもはるかに広範な問題を解決しているため、この市場では明らかにリーダー的存在にある」とアピール。

 また、「近年、日本では少子高齢化に伴い、優秀な技術者の減少や後継者不足が深刻な問題。また、COVID-19の流行による渡航制限は、この問題をさらに悪化させ、研修のための直接の講義や会議の開催を困難にしている。企業が現場の作業者にRealWear技術を導入するメリットを認識するにつれ、多くの企業が、その前例のないROI、作業の安全性、業務効率、生産性の大幅な向上を考慮してウェアラブルソリューションの導入を検討している」と述べている。

 さらに、「私はこれらの企業と協力して、RealWearが提供できる機会を十分に活用し、産業界の労働者を専門知識と結びつけて、安全で効率的に業務を遂行できるように支援していきたい」とコメントしている。