キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、「EDI(電子データ交換)移行」の最後の追い込みに全力を挙げる。NTT東西地域会社の電話交換機がIP網に移行するため、従来の電話回線を使ったEDIは2022年末までにインターネット方式へ移行することが強く推奨されている。「期日近くになって駆け込み需要が発生するのはほぼ確実」(EDIソリューション営業本部企画部企画課の岡﨑奈緒子氏)と見ており、需要のピーク時を乗り越えるためEDIの販売パートナーとの協業をより密にするとともに、EDI製品のメニューもこの10月をめどに分かりやすいよう再編する。