伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、オンプレミスのITインフラ環境をサービスとして利用できるソリューション「Hybrid Consumption Infrastructure」の提供を7月14日に開始した。

 Hybrid Consumption Infrastructureは、オンプレミス環境でありながら従量課金制のサービスとしてITインフラが利用でき、自動化ツールによってクラウドと同等の利便性があるソリューション。ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)の従量課金制のオンプレミス環境「HPE GreenLake cloud services」とレッドハットの自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Automation Platform」を独自にパッケージ化して提供する。

 具体的には、最小構成で3台のHPE ProLiant DL380にVMware vSphereをインストールし、従量課金制の利用を可能にするオンプレミス環境HPE GreenLake cloud servicesとして顧客の設備環境に設置する。インフラ構築の自動化プラットフォームのRed Hat Ansible Automation Platformも組み込んでおり、サーバーやストレージ、仮想化ソフトウェア、ネットワーク機器の設定を自動化するプログラムをCTCが作成することで、構築作業の省力化が実現できる。

 また、VMwareの仮想環境をAWSで運用するVMware Cloud on AWSとも連携し、オンプレミスと同じ環境をAWS上で構築することで、DR(ディザスタリカバリー)の対応を含めたハイブリット型のクラウドサービスを実現する。

 さらに、同ソリューションは使用量に応じた月額課金となるため、顧客はインフラ構築時の初期費用を抑えることが可能となる。

 税別価格は、月額150万円から。同社では、コストの最適化や高いセキュリティが求められる金融業や製造業の顧客を中心に提供し、3年間で10社の受注を目指す。