Dynabookは、テレワーク・クラウド環境をワンストップで一括提供するdynaTeams「かんたんテレワーク スターターパック」に自動応答サポート機能を追加し、8月2日に提供を開始する。

自動応答サポート機能を追加

 新たに搭載した自動応答サポート機能は、テレワークで活用しているPCに関する疑問やMicrosoft365クラウド運用に関する疑問をMicrosoft Teams上で質問できる、総合ヘルプデスク型チャットボット。Dynabookの子会社であるAIoTクラウドの独自AI技術と、Dynabookが長年培ったサポートノウハウを活用し、質問するユーザーの属性(一般ユーザーやシステム管理者)に応じて、PCの使い方やMicrosoft Officeアプリケーション操作などのトラブル、クラウド運用に関する疑問など、さまざまなケースにチャットボットが適切に回答することで顧客の課題解決を支援する。

 チャットボットは、普段の業務で使用しているMicrosoft Teams上で利用できるため、困った際やすぐに確認したいときなど、気軽に質問できる身近なヘルプデスクとして活用できる。また、ユーザー自身が手軽に質問できることで、これまで質問が集中していた企業のシステム管理者の負担も抑えることができる。