日鉄ソリューションズ(NSSOL)は、デル・テクノロジーズが提供する「Dell EMC PowerEdge」サーバーを基盤としたDataRobotのPoV(Ploof of Value=価値実証)アプライアンスの無償貸し出しを8月1日に開始する。これにより、秘匿性の高いデータを扱う顧客のDataRobot導入価値検証の迅速化とコスト削減を実現する。
 


 DataRobotは、機械学習の自動化によって企業のデータ利活用を支援するエンタープライズAIプラットフォーム。導入にあたって、業務や事業に対する価値を検証するPoVと呼ばれるステップが必要となる。しかし、金融、製造、製薬・医療といった分野のうち、秘匿性の高いデータを取り扱う企業の場合、PoV専用のインフラ環境を準備する必要があるため、実施までのリードタイムやコストが膨らんでしまう課題があった。

 そこで、NSSOLではPowerEdgeサーバーを採用し、必要なインフラ環境の迅速な提供を可能にするため、DataRobotのPoVアプライアンスの無償貸し出しを開始した。NSSOLはデル・テクノロジーズのサーバーに、事前にPoVに必要な設定をした上で顧客に貸し出す。専用のインフラ環境を前もって準備することができるため、従来と比較してPoV開始までのリードタイムとコストを大幅に削減できる。

 今回のPoVアプライアンスの提供で、これまでコスト面などの課題によって導入が難しかった企業にも、DataRobotを活用したAI・データ利活用が可能となる。