働き方の変化は、もはや不可逆的なものだと感じている。コロナ禍で半ば強制的に始まったリモートワークだが、そこから多くの気づきを得た。例えば、場所の制約を受けない働き方によって、人的リソースを効率よく活用できるようになる。当社でいえば、オンライン上に構築した開発基盤「Tetralink(テトラリンク)」が大活躍した。従来の拠点や客先といった場所の制約をなくすことで人的リソースを以前にも増して柔軟に活用でき、生産性も高まる。

森田宏之 社長

 リモートワーク化、オンライン化に当たっては、多くの企業が共同作業の基盤や電子契約、情報共有、ワークフロー、オンラインストレージなどの環境を整備してきた。今後はAIやデータの一段と高度な活用、アイデア創出の基盤といったアプリケーションを構築する流れが加速すると見ている。キーワードで挙げた「本格的DXの夜明け」は、より多くの価値を生み出すデジタル変革が本格化するという意味を込めた。

 デジタル変革は、繰り返しデータを更新していく必要がある。小売業であれば商圏の競合状況や、消費者の行動変容など最新のデータを集め、分析手法も常に見直しをかける。製造業であれば国内外の事業所ごとの分析結果を営業部門を含めて全社で共有し、一層レベルの高い変革につなげられるようにする。当社では、こうした継続的なイノベーションの共創プログラムを「Angraecum(アングレカム)」として体系化。本格的DXの夜明けにふさわしいサービスを提供していくことで成長につなげる。