電通国際情報サービス(ISID)は、組織エンゲージメント向上を目的とした従業員コラボレーションアプリ「ENGAGE TAG(エンゲージタグ)」β版の提供を8月3日に開始した。


 ENGAGE TAGは、Microsoft Teamsのユーザー企業向けアプリ。チャット機能をはじめとするMicrosoft Teamsの各機能とシームレスに連携し、業務における日々のコミュニケーション情報を蓄積・分析、従業員のコラボレーション向上につなげる。従業員が相互にビジネススキルや趣味・特技などを「タグ」で可視化、タグを手掛かりにした社内人材検索からコンタクトまでを実現する。

 また、登録したタグに「いいね」「推薦文」を付記する機能、Microsoft Teamsにおけるコミュニケーションデータの自動集積による組織内の人材ネットワークや組織の活性度把握なども可能。なお、12月末までβ版の提供を予定しており、専用サイトから1カ月の無償トライアルを申し込むことができる。