ニュース

大和ハウス工業とNTT Com、「倉庫環境監視IoTソリューション」の運用を開始

2021/08/23 18:54

週刊BCN 2021年08月30日vol.1888掲載

 大和ハウス工業とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月23日、NTT Comが提供する熱中症やインフルエンザの発生リスクを見える化する「倉庫環境監視IoTソリューション」について、大和ハウス工業が開発したマルチテナント型物流施設「DPL新富士II」(静岡県富士市)で運用を開始した。
 
DPL新富士IIの外観

 ソリューションは、温度や湿度などの環境データを取得可能な二つのセンサーと、NTT Com が提供する「Things Cloud」を活用し、熱中症やインフルエンザの発生リスクをリアルタイムで可視化。リスクの段階に応じて、テナント企業や管理者が施設内の温度コントロールや換気を行うことで、熱中症やインフルエンザの発生リスクを未然に低減できるという。
 
インフルエンザ流行リスクのモニター表示例

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

NTT Com、経済産業省の「DX認定事業者」として認定を取得

NTT Com、OCN光でオンライン会議3サービスの通信品質を向上するオプション

NTT Com、三菱UFJニコスが債権回収の電話応対業務にAI自動音声応答を導入

外部リンク

NTTコミュニケーションズ=https://www.ntt.com/