NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「Smart Data Platform(SDPF)」を、鹿島建設(鹿島)がデータマネジメント基盤として採用した。9月から全社で本格運用している。

鹿島のデータマネジメント基盤

 鹿島は、鹿島グループ中期経営計画(2021~23年)の主要施策として「次世代の建設生産システムの進化」を掲げ、中核事業の一層の強化に取り組んでいる。データドリブン経営に資するデータマネジメント基盤の構築を検討する中で、19年からSDPFを基盤としたPoC(Proof of Concept)を行ってきた。約1年半のPoCの結果、十分な導入効果が得られたことから、今回全社での本格運用に至った。

 建設業界では、企画・開発、設計・施工、維持管理・運営の各段階で生成・収集されるデータの種類が多岐にわたり、データの管理・分析が複雑化している。鹿島でも、高度な工程管理を行うため、計画と実績の差異比較や要因分析、残工事の工程や費用計画の見直しなど建設現場ごとの多数のデータを分析・可視化し利用する必要がある一方で、それらのデータが複数のクラウドサービス上に分散していたため、各種データを一元的に管理して効果的に利用することが求められていた。SDPFの導入により、複数のクラウドサービス上に分散していたデータを一元的に連携・統合可能となり、組織横断的なデータ利活用が可能となった。

 導入にあたっては、SDPFのインターコネクトサービス「Flexible InterConnect(FIC)」により、鹿島が利用する複数のパブリッククラウドサービスをセキュアかつ柔軟に接続できるマルチクラウド接続基盤を提供する。さらに、「Informatica Intelligent Cloud Services」を含むSDPFの「インフォマティカソリューション」の機能を活用し、社内外に点在する経営データ、IoTデータ、オープンデータ、BIMデータなどを連携・統合させることで、SDPF上で組織横断的なデータの利活用を可能にした。