NTTデータ イントラマート(イントラマート)は10月1日、クラウドサービス「Accel-Mart Quick」をローコード開発プラットフォームとしてリリースした。

「Accel-Mart Quick」概要図

 イントラマートの主力製品Digital Process Automation Platform「intra-mart」は、「ローコード開発と業務プロセスのデジタル化」を実現。今回、これらを柔軟に導入成果に合わせてスケールアップ可能な新クラウドサービスとしてAccel-Mart Quickを提供する。

 Accel-Mart Quickでは、現場主導によるチームレベルの業務改革から始めて、導入成果に合わせながら徐々に他の組織を巻き込み、最終的にIT部門がマネジメントを行う全社利用レベルの業務改革へと同じIT基盤上で段階的にDXを発展させることができる。また、顧客の環境に合わせて、クラウドとオンプレミスとのハイブリッド利用も可能となる。

 主な特徴として、開発初心者から上級者まで、業務用アプリをローコード開発で簡単・高速に作成できる。また、柔軟な他システム連携と、ワークフロー/BPMといった業務プロセスのデジタル化・自動化を実現する機能を搭載している。さらに、小規模利用から大規模利用まで企業の成長に合わせて利用範囲を段階的に拡張できる。

 価格は、1ユーザー月額770円。同社では、Accel-Mart Quickで新市場の開拓を狙い、3年で1万社の導入を目指す。