ニュース

TwoFive、デジサート・ジャパンと代理店契約

2021/10/14 17:30

 TwoFiveは、デジサート・ジャパンと新しいメール認証技術であるBIMI(Brand Indicators for Message Identification)規格に準拠した認証マーク証明書(Verified Mark Certificates:VMC)で販売代理店契約を結んだ。

送信側・受信側・利用者におけるBIMIの仕組み

 BIMIは、なりすましメール対策の最新の業界標準でDMARCポリシーを使って電子メールの送信者情報の一部として認証済みのロゴマークを表示するための規格。受信者はメールを開封する前に受信トレイ内で送信元のブランドを識別し、メールの信頼性を確認できるようになる。

 デジサートは、ロゴマークが認証済みであることを証明するBIMI規格に準拠し、Gmailをはじめとするeメールプロバイダーで受信メールにロゴをひも付けて表示、開封率の向上を実現する認証マーク証明書(VMC)を提供することをBIMI Groupによって承認された、世界で二つしかない認証局の一つとなっている。

 TwoFiveは、送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)の導入に関してコンサルティングや支援サービスを提供しており、今回、VMCの販売を開始することでDMARCとBIMIの設定・運用を総合的に支援する。また、デジサート・ジャパンとの協業によってBIMI/DMARCのセミナー開催などの啓発活動やマーケティング活動を積極的に展開し、なりすまし対策を加速していく。
  • 1

関連記事

TwoFive、DMARC/25 Analyzeに「なりすまし通報機能」を追加

ブラックベリー エンドポイント向け新ソリューション2種類を発表 AIを活用し、PC・モバイルのセキュリティを強化

SIerのポストコロナ 働き方はどう変わるのか リモートワークの経験が変革の起爆剤に

外部リンク

TwoFive=https://www.twofive25.com/

デジサート・ジャパン=https://www.digicert.com/jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>