日本ユニシスは、Microsoft 365の企業内運用・活用サービスとして「Microsoft 365向け技術支援サービス」を10月19日から提供している。情報システム部門の運用業務を削減し、企業のDXを支援する。

Microsoft 365

 Microsoft 365向け技術支援サービスは、Microsoft 365稼働後の運用に不安や課題を抱える企業や、Microsoft 365によるテレワーク環境のセキュリティ対策強化、ゼロトラストセキュリティモデルの導入を検討中の企業などが対象。日本ユニシスグループ内での導入・構築・活用ノウハウと、1万人以上の大企業を含む100社以上の導入実績に基づいている。

 Microsoft 365導入後のサービスの機能や使用方法に関する技術支援と、障害発生時の切り分けおよび復旧のための支援を提供。Microsoft 365に加え、「Microsoft Power Platform」も支援する。契約は1年単位で、サービス料金が問い合わせ件数に応じて6種類。年額で税込み66万円からとなる。