くまもとDMCとアステリアは、観光庁の「新たな旅のスタイル促進事業」に熊本県人吉市や球磨郡水上村でワーケーションを実施するプログラムを共同提案し、モデル事業に採択された。10月26日から熊本県内でのワーケーションを3回にわたって実施する。
 

アステリアのワーケーション試行風景

 くまもとDMCでは、肉体的・精神的・社会的に全てが満たされた状態にある「ウェルビーイング」の向上や地方創生につながるプログラムとして人吉市・球磨郡水上村でワーケーションを実施。全国のモデルとなりうる熊本ワーケーションモデルの実施形式を発信していく。

 アステリアでは、環境の良い宿泊地でのテレワークに加えて、森林セラピーの体験、訪問・滞在地となる人吉市・球磨郡水上村における社会課題の解決に向けたワークショップの開催など、くまもとDMCのコーディネートによって地域社会との交流を図り、持続的な関係づくりを推進していく。