ニュース

セキュリティを担保したまま業務効率化、IWIがファイル無害化「ReSec」でマクロ判定機能の検証へ

2021/11/12 13:00

 インテリジェント ウェイブ(IWI)は、ランサムウェアなどのマルウェアを除去するファイル無害化ソリューション「ReSec」でマクロ判定機能のアップデートに備えた検証を進めている。12月に検証を完了し、提供を予定している。

「ReSec」における無害化技術「CDR」の概念図

 マクロ判定機能により、安全なマクロの場合はマクロ機能を削除することなく活用することができる。機能実装のReSecを導入することで、業務効率を落とさずセキュリティレベルを向上させることが可能になる。

 ReSecは、メールやWeb、USBメディアなどの外部から持ち込まれるファイルを無害化し、ランサムウェアなどのマルウェアを除去。ゼロトラストのコンセプトにのっとり、外部から送られてきたオリジナルファイルをそのまま組織の内部に取り込むのではなく、レプリカファイルを作成しファイルに含まれる危険な部分を除去した(CDR技術)上で、組織内のユーザーに提供。PPAP回避の際のセキュリティ対策としても有効となる。
  • 1

関連記事

ソフト開発に興味のある学生が対象、IWIがワンデーインターンシップ開催

米エクストラホップ・ネットワークス 通信を可視化しセキュリティを強化 日本法人の立ち上げも予定

データセンター需要膨張する Colt DCSの戦略から展望する市場の行方

外部リンク

インテリジェント ウェイブ=https://www.iwi.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>