ニュース

クラウドフレア・ジャパン クラスメソッドと戦略的協業を強化 佐藤新社長「日本法人を米国外で世界トップに」と強調

2022/03/17 16:00

週刊BCN 2022年03月21日vol.1915掲載

 米クラウドフレアの日本法人クラウドフレア・ジャパンは3月15日、記者会見を開き1月19日付で新社長に就任した佐藤知成氏が事業戦略を説明した。パートナーとの協業に注力する方針を示し、その一つとしてクラスメソッドと戦略的協業を強化することを発表した。佐藤社長は「今後3年間で、日本法人を米国本社を除く世界トップのカントリーに成長させる」と意気込みを語った。
 
佐藤知成 社長

 クラウドフレアでは、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を主軸に、DDoS攻撃対策やWAF、SASE(Secure Access Service Edge)といったセキュリティサービス、エッジコンピューティングなど展開している。「CDNベンダーとして見られているが、今後はゼロトラストやエッジコンピューティング分野を強調していく」(佐藤社長)した。

 佐藤社長は自社サービスの利用を促進していくにはパートナーの力が不可欠だとして、パートナーとの連携を加速させることを強調。共同マーケティング活動や認定トレーニングの提供による支援を行う。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

東京五輪で日本へのサイバー攻撃は急増か? クラウドフレアが調査

外部リンク

クラウドフレア・ジャパン=https://www.cloudflare.com/ja-jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>