オービックビジネスコンサルタント(OBC)は5月26日、バックオフィス業務から中堅・中小企業のDXを具体的に実現する「奉行クラウド DX Suite」を発売すると発表した。

奉行クラウド DX Suite

 奉行クラウド DX Suiteは、これまで経理・人事労務・販売管理の業務領域で培ってきたベストプラクティスをもとに、標準化・最適化されたビジネスプロセスを提供し、さまざまな企業のバックオフィス業務をDX化する。また、標準化・最適化された経営スコープの提供によって、迅速にさまざまな経営指標がリアルタイムに手に入る環境を提供する。

 バックオフィス業務は、必ず同じ結果を出すことが求められるため、DXによってビジネスプロセスを削減すればするほど生産性を向上させることができる。同社では、奉行クラウド DX Suiteによりバックオフィス業務のDXを実現することで、さまざまな企業のDXを具体化し、その取り組みを成功に導くことを目指す。

 奉行クラウド DX Suiteは、経理、人事労務、販売管理の業務領域を網羅してDX化でき、ヒト・モノ・カネの業務データを全てつなげることができる。提供されるベストプラクティスは、法・制度改正や社会環境の変化に応じて自動的に更新されるため、変化への対応力も身につく。

 製品ラインアップは、経理DXを実現する「奉行クラウド 経理 DX Suite」、人事労務業務のDXを実現する「奉行クラウド HR DX Suite」、販売管理のDXを実現する「奉行クラウド 販売管理 DX Suite」を用意。バックオフィス業務の全体最適化を目指して、必要な領域から段階的にDX化を進めることもできる。

 税別価格例は、奉行クラウド 経理 DX Suiteが3ユーザーの場合が102万2400円から(月額8万5200円から)、奉行クラウド HR DX Suiteが社員数20人の場合18万円から(月額1万5000円から)、奉行クラウド 販売管理 DX Suiteが3ユーザーの場合108万1600円から(月額9万140円から)。