フォーティネットジャパンは6月8日、セキュリティOSの最新版「FortiOS 7.2」の新機能と次世代ファイアウォール(FW)の最新モデル「FortiGate3700/3701F」を発表した。FortiOS 7.2では、「インラインCASB(Cloud Access Security Broker)」機能によるSaaSアプリケーションへのセキュリティ強化などを提供するという。
 
宮西一範 本部長

 これまで同社は、CASB機能の「Forti CASB」を提供してきたが、技術統括本部の宮西一範・本部長は「APIベースでいわばオフラインのものだ」と説明する。今回、提供するインラインCASBは「インラインでFortiGateを通し、SaaSアプリケーションのアクセスをコントロールする」とした。ZTNA(Zero Trust Network Access)機能との組み合わによるポスチャチェックや、セキュリティ要件を満たしていない外部デバイスのブロックなどSaaSにアクセスする際のセキュリティを強化できるとした。