フォーティネットジャパンは、次世代ファイアウォール「FortiGate」を多くのSMB(中堅中小企業)に導入してきた。SMBが大多数を占める日本企業のセキュリティを支える存在と言える。セキュリティ市場においてトップ集団の一角の地位を確立した同社だが、高成長の背景には、2012年1月に社長に就任した久保田則夫氏の存在がある。これまでの取り組みや国内のセキュリティ動向、今後の展望を聞いた。
(取材・文/岩田晃久  写真/大星直輝)

30人から500人規模に成長

──社長に就任して11年目となりました。高成長を遂げていますが、どう振り返りますか。

 当社に入社するまでに多くの経験をしてきた中で、30人程度の小さな組織を大きくすることが得意となりました。この規模の組織の場合、優れた技術を持つものの、どこかに課題があり事業が滞っているケースが多いのですが、理由は見つけやすくもあります。私が入社した当時のフォーティネットジャパンも30人くらいの組織でしたが、社長就任後、すぐに課題を見つけ、手を打ったことで売り上げも伸びていきました。

 売上高が年々伸長する中で、社員も増え、現在は、フォーティネットジャパンだけでも約300人、買収した企業の社員を含めると国内は500人以上の組織になりました。転職が多いセキュリティ業界では珍しく、創業当時のメンバーが多く残っているのも当社の強みとなっています。

 また、SMB市場を得意としていることも成長要因の一つです。エンタープライズ市場は、アップダウンが激しい日本経済の影響を受けやすく、景気が良い時は大きく伸びますが、悪い時は大きく鈍化します。SMB市場は、良い時の伸びはエンタープライズ市場ほどではないものの、景気が悪くなった際にも、大きくは沈まないのが特徴です。こういったフラットな環境でビジネスを展開し、着実に売り上げを伸ばし、そこで得た利益をさまざまなところに投資できたのも(成長を継続できた要因として)大きかったですね。現在では、SMBに加えてエンタープライズの開拓にも注力しています。お客様とディスカッションを重ね、提案することで、当社の製品を採用するエンタープライズ企業は着実に増えています。今後も、この流れを加速させていきます。

――国内企業のセキュリティへの意識は変わってきているのでしょうか。

 セキュリティ意識は向上している。これは事実です。以前は、セキュリティは投資に対して利益を生むわけではないとの考えから、後回しにする経営層も多かったのですが、われわれは、セキュリティはビジネスの基本だということを長年にわたり唱えてきました。そうした中で、最近ではエンタープライズ企業の経営層を中心にセキュリティへの投資を重視するようになってきています。

 一方のSMBでも、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃が急増しているといった背景から、セキュリティを強化する流れが加速しています。ただ、少しセキュリティ機能を搭載しているルータを導入するだけ、といった対策を取っている企業がまだまだ多いのも現実です。そういった企業に対して当社製品の提案を進めていきたいです。