ニュース

CyberArk Software、新ID管理サービスの国内提供を開始

2022/09/15 16:00

週刊BCN 2022年09月19日vol.1939掲載

 米CyberArk Software(サイバーアーク)の日本法人は9月9日、記者会見を開き、ID管理サービス「Identity Security Platform」の国内提供を開始したと発表した。同社が提供している特権アクセス管理をはじめとした既存のソリューションを単一のプラットフォーム上に統合する。新機能の開発も進めており、シームレスなID管理と脅威の検出・防止ができることを訴求し、顧客獲得を狙う。

 発売時点では、異常な特権アカウントをリアルタイムで検知する「特権アクセス管理」機能のみの提供となるが、半年から1年ほどをかけて「従業員・顧客のアクセス管理」「エンドポイント特権セキュリティ」「シークレット管理」「クラウド特権セキュリティ」「アイデンティティ管理」といった各種機能をプラットフォームに統合する。合わせて、ソリューションごとに提供していた管理画面も一元化することで、利便性を向上。オンプレミス、クラウド、ハイブリッドと環境問わず導入できることも特徴だとしている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

CyberArk Software 「バイオハッキング」被害に警鐘 攻撃発見は難しく有効策は見つからず

外部リンク

CyberArk Software=http://www.cyberark.com/japan/

おすすめ記事