ニュース

CyberArk Software 「バイオハッキング」被害に警鐘 攻撃発見は難しく有効策は見つからず

2022/06/30 09:00

週刊BCN 2022年06月27日vol.1928掲載

 CyberArk Softwareは6月15日、人体にマイクロチップなどを埋め込み、身体自体をサイバー攻撃に用いる「バイオハッキング」について記者説明会を開催した。自身の体内に四つのマイクロチップを埋め込みバイオハッカーとして研究を行う米サイバーアークソフトウェアのレン・ノエ・テクニカル・エバンジェリストは、現状では、バイオハッキングによる事件は確認されていないが、攻撃の発見が難しく、有効な対策も見つかっていないことから今後、深刻な被害が発生する可能性もあると指摘した。
 
レン・ノエ エバンジェリスト

 ノエ・エバンジェリストは、電磁波などを用いて非接触でタグのID情報を読み書きする「RFID」や「NFC(近距離無線通信)」といったマイクロチップを体内に埋め込み、自動車のキーや非接触決済といった場面で利用するケースがあると紹介。バイオハッキングはこれらの技術を悪用したものだという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

外部リンク

CyberArk Software=http://www.cyberark.com/japan/

おすすめ記事