ニュース

米Snowflake日本法人、「Snowflake」上で業務アプリ開発が容易に セキュリティを確保し迅速な構築を実現

2023/12/21 16:00

週刊BCN 2024年01月01日vol.1997掲載

 クラウドデータウェアハウス(DWH)ベンダーの米Snowflake(スノーフレイク)の日本法人は12月19日、記者説明会を開き、スノーフレイクが2022年に買収した米Streamlit(ストリームリット)が提供するオープンソースのPython用UIライブラリによるアプリケーション開発機能について解説した。スノーフレイクのデータ基盤上でセキュリティを確保しながらデータ活用のためのアプリケーションを高速で容易に構築できるようになり、顧客の課題解決の迅速化を実現できるとした。
 
米Snowflake アマンダ・ケリー ディレクター

 スノーフレイク日本法人は、開発者がデータクラウド上でStreamlitアプリを安全に構築、展開、共有できる「Streamlit in Snowflake」の提供を12月から開始した。説明会では、ストリームリット共同創業者で、スノーフレークのアマンダ・ケリー・Streamlitプロダクトディレクターが機能を解説した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

米Snowflake、データドリブン戦略などで支持を獲得 スルートマンCEO「顧客倍増が目標」

外部リンク

Snowflake=https://www.snowflake.com/?lang=ja

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>