ニュース

ソフトバンクとOkta Japan、協業により新サービス提供 中堅・中小企業での利用促進

2024/02/20 16:21

週刊BCN 2024年03月04日vol.2004掲載

 ソフトバンクとOkta Japanは2月16日、マルチテナント型マネージドサービスプロバイダー契約を締結したと発表した。ソフトバンクの法人向けデバイス管理サービス「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント(BCDM)」で、Oktaのシングルサインオン(SSO)機能などを提供する。今後は、BCDMの顧客層の中堅・中小企業での利用を促進していく方針だ。
 
ソフトバンクの中野博徳・統括部長

 今回の協業では、BCDMの標準料金(月額300円/1ID)で、BCDMのほか「Google Workspace」「Zoom」「LINE WORKS」「PrimeDrive」に対するSSO機能が利用できるようになる。Oktaが対応する、そのほかのSaaSへのSSO機能や多要素認証機能、ライフサイクル管理機能などはオプションで提供する。BCDMでは、登録したデバイスに対してデバイス証明書を発行できるため、Oktaの認証を組み合わせることでセキュリティ強化が図れるとした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

米Okta調査、業務SaaSを「ベストオブブリード」で組み合わせる動きが活発化

<サイバー攻撃に打ち勝つ最新セキュリティ> XDR編 クラウドストライク 自社プラットフォームと他社製品を連携

<サイバー攻撃に打ち勝つ最新セキュリティ> XDR編 サイバーリーズン EDRで培った高い検知能力が強み

外部リンク

ソフトバンク=https://www.softbank.jp/

Okta Japan=https://www.okta.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>