ニュース

アクティファイ、バックアップ製品がマルチクラウド環境に対応 クラウドを活用した復元をより簡単に

2024/02/22 09:00

週刊BCN 2024年02月19日vol.2003掲載

 アクティファイは、バックアップソフト「ActiveImage Protector 2022」のクラウド対応版「ActiveImage Protector 2022 Cloud」をアップデートした。バックアップ/リカバリー機能が大手パブリッククラウド4社のサービスに対応し、新たにマルチクラウド環境をサポートできるようになった。オンプレミスのサーバーと同様の操作で、クラウド環境のバックアップや、クラウドを利用した復元が可能なのが特徴だ。
 
ActiveImage Protector 2022のコンソール画面


 ActiveImage Protectorは、サーバーのインフラに関する高度な知識がなくてもバックアップの運用や障害発生時の復元ができるよう設計されている。最新版では、クラウドストレージへの直接のバックアップが可能。保存したバックアップイメージは、同じパブリッククラウド上の仮想マシンとして直接リストアでき、迅速な復旧につなげられる。
 
導入時にリモートコンソールのインストールを行うことで、
リモートの復元環境が容易に操作可能となる

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

アクティファイ、システム/データ保護ソリューションの新版をリリース

アクティファイ、日本ストラタスと高可用性ソリューションの提供で協業開始

アクティファイ、データ保護の「現実的なソリューション」を提供 使い勝手とサポートでユーザー層拡大へ

外部リンク

アクティファイ=https://www.actiphy.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>