力強く一歩を踏み出す

日本システムディベロップメント
今城義和 社長
 大不況でかなり苦戦を強いられた。景気のいい時に、将来を考えて次の一手を打っておかなければならなかったと反省している。そんな状況下でも、2009年はメガバンクのシステム統合の対応があり、責任をもって対応できたと自らを評価している。全体的にユーザーのIT投資意欲は落ちているが、他行のシステム統合や、クレジットカード会社の新システム開発など、いくつか案件を獲得できた。

 当社は、長年にわたりおつき合いがある「一生客」と呼んでいる顧客のニーズを深耕する「垂直型」ビジネスモデルの売り上げ構成比が高い。一方、ソリューションの提供を通じて、新規顧客を獲得する「水平型」ビジネスモデルを併行して展開し、今後もこのスタンスを崩す考えはない。次の課題は、新規顧客から「一生客」を増やすことだ。

 現状の「人出し」の業態を変えていく必要があると考えている。2年後を見据えた展開をすべく、09年10月1日に新設した「ビジネス開発部」で、新たなビジネスや、地域戦略などを検討していく。SaaS/クラウドについても、勉強を始めているところだ。また、品質をより向上させるべく、「品質管理グループ」も設置した。

 ソリューション開発によって「人出し」から脱却し、システムは品質を完璧なものにして「一生客」との関係を確固たるものにする。来年は寅年でもあることから、トラのように「力強く一歩を踏み出す」年にしたい。