「SES(System Engineering Service)は自社にノウハウをためるのが難しい」と、ノーステックの横田 靖・代表取締役は語る。現時点ではシステム開発案件が多く、SESはノーステックの主力事業となっている。もちろん、SESを辞めることはないが、いつまでも案件過多の状態が続くとは限らない。その危機感から横田代表取締役は、景気変動の影響を受けにくい分野に注力することで、ノウハウをためて自社の強みとする考えだ。なかでも実績を上げているのが、医療分野と自治体向けGIS(地図情報システム)である。(取材・文/畔上文昭)