マイナンバー制度の施行に続き、総務省により自治体情報システムのセキュリティ強靭性向上のための指針が示されたことで、セキュリティ対策ソリューションとしてのシンクライアント技術への関心が再び高まってきた。それに伴い、いろいろな方々とシンクライアント技術についてお話しをする機会が増えた。そして、実に多くの技術者の方が、20年近く前から市場に存在するこの技術を正しく理解されていないことを改めて思い知らされた。シンクライアント技術に限らず、どのような技術でもそれを採用する際には、その技術をいろいろな角度から観察し、長所短所を理解し、さらに短所を補う周辺技術を理解して、より目的に適った利用法を見出す、それこそ技術者としての腕の見せどころではないだろうか?