Javaよりも生産性が高いプログラミング言語「Scala(スカラ)」技術をテコに、長野の情報サービス産業を活性化したい──。ダイキチ・ドットネットの池田成樹社長は、昨年11月に本社を東京から長野県軽井沢町に移した。福岡県がスクリプト言語の「Ruby(ルビー)」を起爆剤の一つとして活用し、IT産業の集積度を高めた先例もある。Scalaをはじめとした先進的な技術を起爆剤に使うことで、長野県のIT産業の競争力を高められると考え、本社を移転するとともに、地場ベンダーとの協業に取り組んでいる。