世界が注目する町工場。そのIT企業バージョンとでも表現すべきだろうか。高松市に本社を置き、組み込みシステムを中心に事業を展開しているのがコヤマ・システムである。同社が開発した高速カメラを活用する見える化ツール「Rekamo」シリーズは、トヨタ自動車をはじめとする大手メーカーで活用されている。同社は創業時から制御系ソフトウェアの開発に注力してきているが、メーカーからの受託がメインだった。現在も受託開発は事業の柱だが、経営基盤の安定化を目指し、自社製品の開発にも注力している。(取材・文/畔上文昭)