SI論

<SI論 システム開発はどう変わるのか>第109回 ワイドソフトデザイン 3DやVRなどの「ビジュアル」に特化

2018/01/10 09:00

週刊BCN 2018年01月01日vol.1708掲載

 兵庫県神戸市にオフィスを構えるワイドソフトデザインは、自社開発の3Dエンジンを武器に、「ビジュアル」に特化した製品・サービスを提供している。「実物や感性のイメージをわかりやすく伝えたい」「3D CADを導入しなくても3Dデータを手軽に使えるようにしたい」などのニーズに対応。自動車や建築、医療などの業界でユーザー企業を獲得している。最近では、3Dによる可視化だけでなく、「体験する」がテーマのVR関連ビジネスにも着手して、順調に売り上げを伸ばしている。(取材・文/佐相彰彦)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1