日本情報技術取引所(JIET)関西支部は、関西地域におけるシステム開発案件を国内に発注するニアショア開発に取り組んでいる。関西地域の好景気により、システム開発案件が急増しているためだ。とはいえ、関西地域のJIET会員企業は、ニアショア開発やオフショア開発をあまり経験してきていない。ノウハウがないことから、まずはリスクの小さいニアショア開発に目標を定め、JIETの各支部で開催している商談会に出向き、働きかけを強化している。(取材・文/畔上文昭)