かつて、景気が悪くなるとまず予算を削減されるのはIT部門という時代があった。対してこのコロナ禍では、プロジェクト実施の時期が若干後ろ倒しになるといった影響はあっても、お客様のIT投資意欲自体は減退していないと考えている。企業が生き残り、競争に勝つためには、必ずITを使わなければならない時代だ。今世の中は大変な状況にあるが、私たちのサービスに対するニーズはむしろ増していると強く感じている。

東 常夫 社長

 ここ数年、ITインフラの導入から保守・運用、サポートまで丸ごとご支援する「ITアウトソーシング」に力を入れてきた。おかげさまで高い評価をいただき、事業は順調に推移している。2021年3月期は期初計画の達成を目指している。加えて、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)につながるソリューションの開発に取り組んでおり、ITアウトソーシングとDXという二つの事業領域で相乗効果を上げることを目指している。

 今年は「カスタマーサクセス」を最も重視したい。単に高品質のITを提供するだけにとどまらず、お客様のビジネスの成功につながる提案やサービスをお届けするという考え方だ。そのためにはお客様の業界・業務をさらによく知ることが必要だし、サービスの提供形態や社内の仕組みも変えていく必要がある。これまでももちろん、「お客様のために」という精神で事業に臨んできたが、そこでの目標はITベンダーとしての顧客満足度を高めることだった。今後は当社がお客様のビジネスパートナーとなり、お客様の事業そのものになくてはならない存在になっていきたい。