データやサーバーの運用方法の一つ。自社で所有・管理するデータセンターなどのオンプレミス環境や複数のパブリッククラウド、プライベートクラウドを組み合わせて運用する手法を指す。

 オンプレミス環境は、自社に適したシステムを自由に構築できるカスタマイズ性や、同一ネットワーク内にある既存システムとの連携に強みがある。一方、導入時の費用が高額となるほか、運用・保守の人材を常に確保しておく必要があるなど、維持するためのリソース確保も課題となっている。