中国はおそらく歴史上「最後」か、または「最後にきわめて近い」世界の工場である。英国から始まった産業革命は米国へ伝播し、日本、そしてNICSといわれた台湾、韓国、シンガポール、香港へと、工業製品の製造基地は移動してきた。そして現在は、中国が世界の基地となった。

 安い人件費と労働力を背景に、先進国からどんどんと仕事が流れてくる。

 最近はこの流れに合わせ、諸外国からのビジネス移住組が目立つようになってきた。

 このコラムで以前にも触れたように、インドや中近東などの購買や品質検査会社などが、そのよい例である。

 多様化する世界の需要を満たし、よりよい製品を製造するため工業デザイナーなどのチームが、オーストラリアや欧米から移転しだした。

 中国側も自国の製造業をスムーズに世界市場へと飛躍させるには、デザインをはじめとした付加価値が必要不可欠だと気づきはじめたようだ。

 これらの会社やデザイナーは、広東省の珠海デルタ地区に集中する。これは、輸出指向の中国企業や外資のEMS(電子機器の受託生産専門企業)などが多いからだ。(深セン発:アコードインターナショナル 原 真)中国はおそらく歴史上「最後」か、または「最後にきわめて近い」世界の工場である。英国から始まった産業革命は米国へ伝播し、日本、そしてNICSといわれた台湾、韓国、シンガポール、香港へと、工業製品の製造基地は移動してきた。そして現在は、中国が世界の基地となった。

 安い人件費と労働力を背景に、先進国からどんどんと仕事が流れてくる。

 最近はこの流れに合わせ、諸外国からのビジネス移住組が目立つようになってきた。

 このコラムで以前にも触れたように、インドや中近東などの購買や品質検査会社などが、そのよい例である。

 多様化する世界の需要を満たし、よりよい製品を製造するため工業デザイナーなどのチームが、オーストラリアや欧米から移転しだした。

 中国側も自国の製造業をスムーズに世界市場へと飛躍させるには、デザインをはじめとした付加価値が必要不可欠だと気づきはじめたようだ。

 これらの会社やデザイナーは、広東省の珠海デルタ地区に集中する。これは、輸出指向の中国企業や外資のEMS(電子機器の受託生産専門企業)などが多いからだ。(深セン発:アコードインターナショナル 原 真)