港区・北青山に新本社ビルを建てた日本オラクル。9月3日、取引先やパートナー、米オラクルの幹部を招いて落成式を開き、懇親パーティーやオフィス施設の見学ツアーを開催した。ビルは地上25階、地下3階で延床面積1万4250坪の広さ。巨大ビルの内側を、関係者に初披露した。

 挨拶に登場した遠藤隆雄社長(写真)は、来客に対して感謝の言葉を述べた後に一息。その間(ま)に合わせて、司会者が次の項目に進行させようとしたら、「もう少し話を続けさせて」。会場はどっと沸いた。そして、遠藤社長はこう続けた。

 「株式上場時から自社ビルを持とうという計画があり、佐野(力・元社長)さんと新宅(正明・前社長)さんが探していた。この二人は相当のこだわり屋さんで、時間がかかってしまったかもしれないが、三井不動産の協力のもと、ようやくこの青山に本社ビルを構えられた。日本に根ざした企業を目指し、『和の心』を取り入れた茶室などもある。みなさまにもぜひご覧いただきたい」と。

 建物着工から約2年半、ようやく完成した自社ビルには満足そう。口のすべりも滑らかだった。