地鶏と鯨料理が自慢

 東京・西麻布にある「鳥萬み(とりまんみ)」は、宮城・仙台の名店といわれる「萬み高橋」が監修する和食の店。宮城産の地鶏や地酒などが味わえる。


 無添加の国産穀物だけを与えた放し飼いの宮城産地鶏で、しかも一年鶏のみを使っているという。店特製のポン酢やゴマダレでいただく「地鶏しゃぶしゃぶ」や新鮮なササミの「鳥たたき」など15種のメニューが揃っている。

 お奨め料理は鶏だけではない。自慢の鯨料理では、オリジナルの「くじらベーコン」が絶品。しゃぶしゃぶや刺身、唐揚げなども旨い。紹介者であるモディファイの小川浩CEO兼クリエイティブディレクターも、「鯨料理を目当てに店へ行く」そうだ。そして、「必ずといっていいほど、同業の人とばったり会う」のだとか。東京メトロの六本木駅から徒歩15分弱と、少し離れた場所にある。「西麻布」という立地条件だけあり、多くの美食家が料理を楽しみに訪れる。門構えは小さいが、「アマンド」のすぐ脇の路地を入って左手にある。

港区西麻布4-2-13八幡ビル1F
03-5485-2007