地下鉄銀座駅では、電子案内表示版「タッチで道案内」の実証実験が行われている。東京メトロと日立製作所が共同で実施した。今年4月20日から開始、期間は6月30日までとなっている。薄型ディスプレイを内蔵したタッチ式の表示端末で簡単に操作できるのが特徴。数寄屋橋交差点改札口側に縦型タイプ、銀座四丁目交差点改札口側には横型タイプを設置している。乗降客が多く、しかも出口が多い銀座駅で検証することにより、さまざまな利用シーンを想定している。なかでも、高齢者の利用率が高まれば、地下鉄の駅で地図表示板のデジタル化が実現する可能性は高い。