グーグルがユーザー企業やITベンダーなど法人を対象に「Google Enterprise Day」というイベントを開催した。同社が提供するサービスを法人に業務などで活用して欲しいとの考えからイベントを開いたのだ。

 検索エンジンをはじめ、同社が提供するサービスはコンシューマユーザーの利用が多い。なかには法人で活用するケースもあるが、ほとんどは無料で利用する傾向が高いのではないか。今回のイベントでは、販売パートナーになったITベンダーの講演やデモコーナーなどが用意してあり、まさに同社のサービスや技術などが企業が業務を遂行していくうえで最適に活用できることを訴える内容であった。

 基調講演では辻野晃一郎社長が登壇し、「法人のメリットになるサービスを揃えている」とアピール。実際、「当社では業務効率化を図るために最大限に利用している」と、利点を強調した。(佐相彰彦)