行きつけの店

トライポッドワークス 代表取締役社長 佐々木賢一氏

2010/07/29 19:47

週刊BCN 2010年07月26日vol.1343掲載

煙モウモウ、新鮮なホルモンを食す

 神田駅周辺のホルモン屋「神田もつ焼き」。きわめて屋台的で、「カジュアルな内装」といえば聞こえはいいが、「あばら屋みたいな」と表現するほうが適切なのかもしれない。とにかく、とてつもない煙がモウモウと立ち込める中で食べることになる。

 店に入る時、上着とカバンを入れるためのビニール袋を手渡される。それに入れておかないと、匂いが染みついて何日も取れない事態となってしまう。店内には、換気扇の役割を果たすであろう銀色の管があるのだが、はっきりいって、何の役にも立っていない。

 しかし、周辺で勤務する会社員は、ついつい何度も通ってしまうのだ。トライポッドワークスの佐々木賢一社長も、その一人である。「いまはやりのシロコロホルモンをはじめ、新鮮なホルモンが食べられるから」というのがその理由。同社は、神田駅前に東京オフィスを構えている。東京出張時には、よく同店を訪れるそうだ。

 メニューは、焼物でホルモン以外にハラミや牛スジ炙り、一品おつまみでシロ刺しやガツ刺しなど豊富。締めには、旨辛「炎麻(えんま)クッパ」のほか、インスタントラーメンを使った「サッポロ一番“ホルモン”塩ラーメン」などもある。


東京都千代田区鍛冶町2-10-8
03-3256-5077
  • 1

外部リンク

「ホルモン屋 神田もつ焼き」=http://hormon.allfine.jp/

おすすめ記事