Book.jpg  タイトルに「トヨタ」を関した本がどれも売れるのは、単に成功企業のノウハウがそこにあるからではない。トヨタ生産方式など、現場での手法を昇華させた考え方の奥底に、ものごとの本質が横たわっているからだ。

 トヨタのベテラン技術者集団、QJTソリューションズ による「トヨタ本」も3冊目。本書では、社会人の基本的作法「片づけ」を取り上げる。トヨタでは、これを「整理」「整頓」「清掃」「清潔」の頭文字を取った「4S」と称し、さらにこれらを習慣づける「しつけ」をプラスして「5S」という場合もある。

 4S/5Sは、単に職場をきれいにするために行うものではない。仕事のムダをなくし、効率を上げ、最終的に売り上げを向上させることが目的だ。だから、すべての行動には明確な理由がある。そして、もし徹底できないのであれば、その原因は人ではなく、仕組みにある──すべてがトヨタの思想のブレイクダウンだ。

 4S/5Sの実際を間近に見るなら、トヨタディーラーのサービス工場を訪れるといい。トヨタの強さは、こうした文化がトヨタ自動車本体だけでなく、グループ企業や協力会社、全国のディーラー網にまで行き渡っていることにある。だからサービス工場でも、窓越しに4Sの実践事例をつぶさに見ることができる。入出庫の確認から始まって、オイル痕がきれいに拭われた床、使っていない工具箱や機器の置いてある位置と向き、工具の置き方、ムダのない整備工の動き──。そんな目で工場を見れば、本書が身近に感じられるというものだ。(叢虎)


『トヨタの片づけ』
(株)QJTソリューションズ 著
中経出版 刊(1300円+税)