▼成人の日といえば、成人式で暴れる若者のニュースが定番だが、2015年はどうか。お偉いさんの話を聞いているふりをして、スマートフォンをいじっている程度なら、まあ普通だろう。

▼総務省統計局によると、1995年生まれの人口は約118万人だという。統計開始以降最低となった14年の新成人人口が約121万人なので、最低記録の更新は間違いない。そして、減少傾向はしばらく続く。未来を担うのは若者である。新成人の減少は、将来的には一人あたりの負担を大きくすることになるが、負けずにがんばってほしい。

▼1995年は、Windows 95誕生の年でもある。インターネットの普及に一役買い、「OS」の意味や存在を一般に広めた。つい先日のことのようだが、すでに現役を退いている。そんなWindows 95も今年で20歳。成人、おめでとう。

▼スマートフォンやタブレット端末が普及して、最近はWindowsを知らない若者が増えているという。Windows 95が成人するほどだから、時代も変わるはず。驚くことはない。スマートフォンやタブレット端末だって、いずれ古くなる。新成人には、その先を期待したい。(風)