▼「ほら、言ったじゃないの」と、やらかしてしまった子どもを叱る母親。大人に比べて子どもは視野が狭いし、経験もない。母親に注意されても、ついやらかしてしまう。子どもの将来を思うなら「ほらみろ」と突き放す言い方ではなく、注意するに至った背景などをていねいに説明してやってほしい。

▼子どもに対する注意ではないが、「ほらみろ」となりそうで心配なことが一つある。マイナンバーの情報漏えいだ。不謹慎だとして発言を控えているが、関係者であれば誰もが思っている。「必ず漏えい事件が発生する」と。最初にやらかす企業は、どのような社会的制裁を受けるのか。今後を占う意味でも、その企業の対応に注目が集まる。

▼マイナンバーを正当な理由なしで漏えいさせると、実刑がまっている。マイナンバー配布時の漏えい事件では逮捕者が出ていないものの、油断はできない。ITベンダーは逮捕者を出さないための提案が十分にできる。事件発生後に「ほらみろ」と突き放すことはあってはならない。いまのうちに情報漏えい対策ソリューションを提案するに至った背景などをていねいに説明してほしい。(風)