東京で味わう絶品ひつまぶし

 夏らしい天気の日が増えてきた。今年も猛暑が見込まれており、暑さのピークを迎える前に十分な体力と栄養を蓄えておきたい。Rails技術者認定試験運営委員会代表理事の吉政忠志氏が大のうなぎ好きと聞き、土用の丑の日(この夏は7月30日)を前に推薦店を聞いてみると、「『赤坂ふきぬき』のひつまぶしは絶品です」という答えが返ってきた。

 岐阜の料亭で修行した先代が大正12年(1923年)に赤坂で創業したという同店。1年を通じて国産の活うなぎを毎朝仕入れており、背開きにして蒸してからふっくらと焼き上げる、江戸前式の手法で料理している。吉政氏のおすすめは名物のひつまぶしと、「大根と貝柱のサラダ」。赤坂本店のほか神楽坂、新宿などにも店舗を構えており、それぞれの店で創業以来の老舗の味が楽しめる。(螺)


東京都港区赤坂3-6-11
03-3585-3100
3000円~