久しぶりにスターバックスに立ち寄った。カプチーノを注文後、受け取ったレシートをみると、以前とフォーマットが変わっていることに気づいた。レシート下部には大きなQRコードがプリントされている。スマートフォンを通してスキャンしてみたところ、注文内容の増値税電子普通発票(中国の領収書)を入手することができた。スターバックスは今年8月、上海市の店舗で紙の発票を廃止し、電子発票に移行したのだという。

紙の発票はもう古い

 中国では、国家税務総局による「増値税電子発票システム経由で発行する増値税電子普通発票推進の関係問題に関する公告」(国家税務総局公告2015年第84号)の公布を受けて、今年から正式に増値税電子普通発票が導入されている。電子発票は、紙と違って紛失のおそれがないし、無駄に紙を使用しないのでエコ。効力は税務局が管理統制する普通発票と同等なので、経費精算などの資料として使うことができる。