▼支払いの多くをクレジットカードで済ませている。現金を使う機会が本当に少なくなった。公共料金から各種サービス、さらには税金まで、あらゆる支払いを一枚のカードに頼っている。

▼もはや生命線ともいえる大事なカードが、ある日、急に使えなくなってしまう。利用限度額を越えたわけではない。不正利用があったとカード会社が判断したためだ。遊園地のチケットを何十枚も購入したのだという。クレジットカード会社の判断は正しく、チケットは購入していない。

▼クレジットカード会社のサポートにより、不正利用は最小限で済んだ。ひと安心したいところだが、問題は続く。これから先のことを考慮して、カード番号を変えたのだが、公共料金や各種サービスに登録しているカード情報も、それぞれ変更手続きが必要とのこと。思いのほか数が多く、被害額よりも大きな苦痛を味わう。

▼変更作業は、カード会社がサービス事業者に通知すれば済みそうだが、本人による変更手続きが必須とのこと。デジタル時代に法律が追いついていないのか、アナログの安心感がまだ勝っているのか。フィンテックの伸びしろはとても大きい。(風)