パネルには大量の埃が付着。長期間、人が触れてないようだ

 上海市内を散歩していると、各小区(住宅団地)に大きさ2mほどのデジタルサイネージが設置されていることに気づく。名前は「智慧城区警務民生服務平台」。スマートシティ建設の一環として、行政が導入を後押しているものだ。このサイネージでは、公共情報サービスとして、天気予報や空気汚染度、交通機関の運行状況を確認したり、パスポートの申請方法を閲覧したりすることができる。グルメ情報アプリ「大衆点評」も搭載されていて、近隣の人気店を調べることも可能だ。

 1年ほど前から導入が進められているが、実際のところ、これまで利用者を目撃したことがない。サイネージが提供している機能は、スマートデバイスで代替すれば十分に事足りる。わざわざ家の外に出て、サイネージをタッチする必要はないのだ。

 これではもったいない。サイネージを生かすには、実用性のある機能を盛り込むなどの改善が必要だ。