%E5%8C%97%E6%96%97%E4%B8%83%E6%98%9F.jpg

▼豪快に転んだ。気持ちいいくらいツルっときた。関東を襲った大寒波の影響で路面が凍結。受け身を取ろうとしたが、うまく反応できず、右腕を負傷してしまった。腰は無事なのが、せめてもの救いだと思っている。

▼東京消防庁によると、降雪時のケガ人は、当日よりも翌日のほうが多いという。解けた雪が凍結するタイミングゆえだろうが、降雪翌日という油断もあるに違いない。

▼東京五輪後、日本経済を襲うとされる大寒波。大型の公共投資が終了するというのが、その理由だ。リーマン・ショックほどではないかもしれないが、多くの企業は五輪後を見据えた取り組みを始めている。IT業界では、1年遅れて大寒波が襲来すると予想される。計画から導入まで、1年を超えるプロジェクトが多いためだ。東京五輪後の状況をみて、ウチは大丈夫だと油断していると、1年後になって痛い目にあうかもしれない。

▼年を重ねると、運動後の筋肉痛が翌日、翌々日へとずれて発症するようになる。思えば、転倒したのは降雪の翌々日。気の緩みも、加齢で翌々日へとずれこむのか。打撲の痛みは翌々日どころか、なかなか治まらない。(風)