ここぞというときに
精がつく

 AOSテクノロジーズの佐々木隆仁社長のおすすめのお店は、創業200年のうなぎ料理「野田岩」だ。AOSテクノロジーズ本社から歩いて数分のところにある麻布飯倉本店の他に、銀座店、下北沢店、日本橋高島屋店などを展開している。写真は下北沢店。

 4月から11月頃までの期間なら、天然うなぎが入荷していることもある。佐々木社長は、「個人的な好み」と断ったうえで、「天然うなぎは、タレをつけない白焼きによく合う」と話す。一方、養殖うなぎは、ほどよく脂がのっており、「タレをたっぷりつけたうな重やうな丼にするのがおすすめ」とのこと。

 天然うなぎはもちろん、養殖うなぎも近年では高級食材。ほぼ願掛けに近いが、「うなぎを食べると、仕事でここぞというときに精がつくような気がする」。また、その希少性から大切な顧客の接待にも適している。(寶)
 

東京都港区東麻布1-5-4
03-3583-7852
昼5000円程度