学習指導要領の改定により、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されます。それを受けて、子ども向けのプログラミング教室や夏休みなどの期間限定で行われるプログラミング体験が盛況なようです。

 プログラミング教育の必修化は、子どもたちの論理的思考力を養うことが目的とされています。“プログラミング”という単語だけをみると、大人でもとっつきにくく感じてしまいがちですが、子どもたち向けに教えるにあたっては、スマホアプリをつくってみたり、ロボットを動かしてみたりと、難しそう、うんぬんよりも楽しく学べるものがメインです。

 こうしたプログラミング教育に目をつけたITベンダーもあります。サイボウズでは、業務アプリの構築基盤である「kintone」を使った小学生向けのプログラミング教育指導案を作成し、無償で提供。小学生にkintoneを使ってプログラミングを学んでもらうことはもちろんですが、kintoneそのものを知ってもらうということも期待しています。(前田幸慧)