▼引っ越しに伴う事務手続きはなかなか面倒なものだ。できるだけオンラインで済ませたいが、そうはいかないものもまだまだ残っている。インターネット回線の住所変更ではひどい目にあった。

▼当該通信キャリアのショップに出向くと、新規顧客を呼び込むために、対面する店員の声も聞こえないほどの音量でお笑いライブを開催中。あげく窓口では「店舗では受付できないのでサポートセンターに電話を」との返答。サポートセンターに電話をしてみると混みあっていてなかなかつながらず、「住所変更の手続きはショップでも可能です」とアナウンスが流れる始末で力が抜けた。

▼やっとつながった電話口でも小一時間愚痴りたくなるほど不愉快な応対を経験して、通信キャリアのビジネスは総じて既存顧客にまったく視線を向けていないことをあらためて実感した。

▼もはや通信サービス市場で多くの新規顧客獲得は望めないはずだが、いつまでゼロサムゲームの消耗戦を続けるのか。顧客のロイヤリティにフォーカスするプレイヤーがそろそろ台頭してほしいものだ。(霹)