▼ITベンダーが相次いでトラブルに直面している。トレンドマイクロ製品は9月26日時点で米アップル製品のアプリ配信プラットフォームから排除された状態が続いている。iPhoneやiPadはビジネスの現場で活用される場面も多い。当然、法人ユーザーへの影響は少なくない。

▼気になるのは、トレンドマイクロ側に情報公開への積極性があまり感じられないところだ。セキュリティーはあらゆるIT活用における不変の基礎だ。セキュリティー企業としての責任を全うし、事態の収拾を急いでほしい。

▼テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」から約67億円相当の仮想通貨が不正に流出した事件は、新興技術の浸透にネガティブな影響を与えることが懸念される。今年1月のコインチェックの事件に比べれば流出の規模は一桁小さいが、テックビューロはB2B領域でブロックチェーンのビジネス開拓をリードしてきたベンダーでもあるからだ。

▼ブロックチェーン技術そのものに欠陥が見つかったわけではないだけに、関係者や市場には今回の事件やブロックチェーンの可能性を冷静かつ建設的に捉える姿勢を求めたい。(霹)